【顔タイプ】子供顔、大人顔の見分け方・特徴

顔タイプを分類におけるマトリクス表の縦軸の
『世代感:子供顔と大人顔』って何?
と、疑問に思ったことがありませんか?

この記事ではそんな疑問にお答えします。
『世代感:子供顔と大人顔』 の見分け方や特徴をご説明します。

※ 以下は同じ意味です。
 ・子供顔=子供タイプ、大人顔=大人タイプ

◇世代感(子供顔、大人顔)とは?

世代感とは実際の年齢に関係なく、
『子供っぽくみえる顔』か、


『大人っぽく見える顔』のことです。
イメージは以下の通りです。

・子供タイプ:赤ちゃんや幼児の顔
・大人タイプ:小さい頃から大人っぽくえる顔

◇子供/大人タイプって重要?

子供タイプと大人タイプで似合うファッションや髪型、メイクが異なりますので、
ご自身の世代感(子供タイプか大人タイプか)を把握しておくことはとても重要です。

もちろん、なりたいイメージとご自身の顔タイプが異なる場合もあると思いますが、
ご自身の顔タイプを知ることで、ファッションや髪型、メイクテクニックでなりたいイメージに近づけることも出来ます。
まずは、ご自身の持っている魅力のタイプを知ることが重要です。


◇子供顔と大人顔の見分け方は?

顔型やパーツ(目や鼻など)の配置や大きさなどを分析することで、顔タイプを判定することが出来ます。
チェック項目と子供顔、大人顔それぞれの特徴は以下の通りです。

子供顔=赤ちゃんや幼児の顔(大人顔はその逆)であることが、
なんとなくイメージできると思います。

チェック項目 子供顔(子供タイプ) 大人顔(大人タイプ)
顔型丸顔
横長のベース型
卵型
面長
縦長のベース型
縦幅と横幅
の比較
縦幅が短め、
横幅を感じる
横幅よりも
縦幅を感じる
パーツの
縦の比較
顔の下側にパーツが
寄るバランス
顔の上側にパーツが
寄るバランス
パーツの
配置
パーツが中心から離れる パーツが内側による
パーツの大きさ小さい大きい

◇子供顔と大人顔の特徴と印象

子供顔と大人顔の特徴見分け方について説明いたしましたが、
もう少し具体的に子供顔と大人顔の特徴と印象を説明します。

子供顔(子供タイプ)の特徴


子供顔(子供タイプ)の方の特徴は①~⑦のとおりです
このような方は、カジュアルが良く似合います★

【子供顔の方の印象】
・若々しい(年齢より若く見られる)
・かわいらしい
・親しみやすい など

【子供顔の方の顔タイプ】
クールカジュアル、フレッシュ、キュート、
アクティブキュート

大人顔(大人タイプ)の特徴

大人顔(大人タイプ)の方の特徴は①~⑦のとおりです
エレガントで女性らしい雰囲気のテイストが得意です。
いわゆるキレイ目なファッション。
反対を言うと、カジュアルが苦手な方。

【大人顔の方の印象】
・落ち着いている
・上品
・しっかりしている など

【大人顔の方の顔タイプ】
クール、ソフトエレガント、エレガント
フェミニン

◇まとめ

顔のバランスは詳しくは計測したりもしますが概ねこのような特徴になります。
まれにすべて平均的なバランスの方もいらっしゃいますがその場合、一番特徴的なところを取り出したり、
その方の雰囲気などで判断したりします。

子供顔や大人顔の与える印象は、その人の内面と必ずしも合っているものではないので、もし違った場合は
どのタイプに近づけたいかで、ファッション・髪型・メイクなどで寄せる方法などをアドバイスさせていただきます。


おすすめ講座

①【オンライン】顔タイプ診断コース

顔と普段の服装の写真をメールで送付して頂くだけで診断可能です。
お客様の『顔タイプの特徴』と『似合うファッション』をご提案します。
◆お客様のライフスタイルや好みによりそった、似合うファッションのテイストやアドバイスをまとめた、
『世界に一つだけのパーソナルアドバイスシート』をメールにて送付させて頂きます。

☞サロン(対面)で診断をご希望の方はこちら
 <ファッション診断(顔タイプ+骨格診断)>

②【オンライン】ファッション診断(顔タイプ+骨格診断)

顔と普段の服装の写真をメールで送付して頂くだけで診断可能です。
お客様の『顔タイプの特徴』と『骨格タイプ』から『似合うファッション』をご提案します。
◆お客様のライフスタイルや好みによりそった、似合うファッションのテイストやアドバイスをまとめた、
『世界に一つだけのパーソナルアドバイスシート』をメールにて送付させて頂きます。