【顔タイプ診断】ピアス・イヤリングの選び方

今回の記事では、顔タイプ診断から似合うピアスやイヤリングの選び方
ご紹介いたします。

服のコーディネートにテイストがあるように、
アクセサリーはデザインによる印象の違いがあります。
(プチプラ、ブランドに問わずです。)

顔や服に合わせてピアスやイヤリングのテイストも揃えることで、
バランスの良いトータルコーディネートが完成します。

また、ピアスやイヤリングで顔の印象を変えることも出来ますので、
活用方法もあわせてご紹介いたします。

◇似合うピアス、イヤリングの選び方

さっそくですが、似合うアクセサリーを決めるポイントは以下の3点です。
それぞれのポイントについてご説明させていただきますね。
 ①顔のパーツの大きさ
 ②顔のパーツのかたち

 ③顔のかたち

「顔の”パーツの大きさ”」からアクセサリーを選ぶ

「顔の”パーツの大きさ”」とは、目や口などの「大きさ」のことですが、
顔パーツの「大きさ」と、似合うアクセサリーの関係は以下になります。

・顔のパーツが小さい…小さく華奢なものが似合う
・顔のパーツが大きい…大きくインパクトのあるもの が似合う


「顔の”パーツのかたち”」からアクセサリー選ぶ

“顔のパーツの「かたち」”とは、顔に骨を感じたり、パーツに線的な形を感じると「直線タイプ」で、
骨を感じすパーツに丸みを感じると「曲線タイプ」です。
パーツの「形」と、似合うアクセサリーの関係は以下になります。

・パーツが直線的…直線的なデザイン
・パーツが曲線的…曲線的なデザイン

「顔の”かたち”」からアクセサリー選ぶ

ピアス、イヤリングは顔の近くに着けるものなので、顔のかたちとの相性も深く関わってきます。
丸顔・面長・ベース型・卵型の4つの顔のかたちの特長から、似合うピアスを紹介します。

“丸顔”に似合うピアス

丸顔の特長はやわらかい輪郭で愛嬌があり、いつまでも若く見られる傾向にあることです。反面、「太って見える」、「顔が大きい」と丸顔を気にしてしまうこともありますよね。
丸顔に似合うのは、”曲線”があり華奢で線的なデザインのピアスです。チェーンピアスは丸顔さんのもつやわらかさを保ちつつ、顔周りをシャープな印象にします。その他にはフリンジ、細めの長方形、縦長のしずく型のピアスがぴったり合います。反対にフープピアスや大きめの1石パールなど、丸みがあるピアスは顔の丸みを強調してしまうことも。

“面長”に似合うピアス

面長の特長はほっそりとした輪郭で、実年齢よりも大人びて見られやすい傾向にあること。反面、「顔が長く見える。」、「目から下が間延びして見える。」などと面長を気にしてしまうこともありますよね。
そんな面長に似合うピアスのかたちは、フープピアスや1石パールなどの丸みのあるデザインです。大ぶりなピアスや、ボリュームのあるタイプのピアスもおすすめ。
反対にドロップ型や長方形など、縦に長いデザインや華奢なチェーンタイプのピアスは、顔の輪郭を強調してしまうので選ぶ際に注意が必要です。

“ベース型”に似合うピアス

ベース型の特長はエラが張っていて、しっかりとした印象を与えます。
そんなベース型に似合うのは、耳のかたちに沿うような小さめのフープピアスや、1石パールなどの丸みのあるデザインのピアスです。耳元に丸みのあるデザインを持ってくることで、顔周りが優しく見えます。
反対に長さのあるタイプや、ボリュームのあるタイプは買う前にしっかりとシュミレーションをすることをおすすめします。

“卵型”に似合うピアス

卵型の特長は顔に立体感があり、額もアゴも綺麗な丸みを帯びています。理想的な顔のかたちといわれる卵型。フープピアス、1石ダイヤモンド、ボリュームのあるデザインのピアスなど、どんなピアスでも似合います。

ピアス・イヤリングで印象を変える?

ピアスやイヤリングは顔のそばにあるので、ある顔の一部のように錯覚させることができます。
つまり、顔に足したいものをピアスやイヤリングで補うことで、顔の印象を変えることができます。

ピアスやイヤリングも顔に合わせるのが基本ですが、
今回はピアスやイヤリングで顔の印象を変える方法もご紹介します。

ピアス・イヤリングで顔の印象を変えるコーディネート

・顔が地味なので華やかさが欲しい

 ⇒大ぶりなアクセサリーをつけて華やかさをプラス

・骨っぽく男っぽいので女性らしさが欲しい

 ⇒揺れるピアスや曲線的なピアスで女性らしさをプラス

・丸顔を卵形に近づけたい

 ⇒ティアドロップ型ピアスなど、長さのあるものをプラス

・面長を卵形に近づけたい

 ⇒フープタイプのピアスのように横にボリュームのあるものをプラス

・子供っぽい顔を大人っぽくしたい

 ⇒1粒パールなど、クラシカルなピアスをプラス

・カジュアル感をプラスしたい

 ⇒星やリボンなど、子供っぽいモチーフかプラスチックなどの子供っぽい素材をプラス

まとめ

今回は顔タイプから似合うピアス・イヤリングについてと、
顔の印象を変えるピアス・イヤリングの選び方についてご紹介させていただきました。

ポイントをご紹介させて頂いておりますが、似合うアクセサリーについては、
「顔の形」や「骨感」、「肉感」にも少し影響を受けます。

また、子供/大人タイプや、直線/曲線タイプの与える印象は、その人の内面と必ずしも合っているものではないので、もし違った場合はどのタイプに近づけたいかで寄せる方法などをアドバイスすることも出来ます。

今回記事にご興味のある方は、【ACCORD】の診断/講座を受講してみてくださいね。

おすすめ講座

①【オンライン】顔タイプ診断コース

顔と普段の服装の写真をメールで送付して頂くだけで診断可能です。
お客様の『顔タイプの特徴』と『似合うファッション』をご提案します。
◆お客様のライフスタイルや好みによりそった、似合うファッションのテイストやアドバイスをまとめた、
『世界に一つだけのパーソナルアドバイスシート』をメールにて送付させて頂きます。

☞サロン(対面)で診断をご希望の方はこちら
 <ファッション診断(顔タイプ+骨格診断)>

②【オンライン】ファッション診断(顔タイプ+骨格診断)

顔と普段の服装の写真をメールで送付して頂くだけで診断可能です。
お客様の『顔タイプの特徴』と『骨格タイプ』から『似合うファッション』をご提案します。
◆お客様のライフスタイルや好みによりそった、似合うファッションのテイストやアドバイスをまとめた、
『世界に一つだけのパーソナルアドバイスシート』をメールにて送付させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です